ブログトップ

つくば・おとなりの建築家

tukubarchi.exblog.jp

長期優良住宅床下エアコン の家

生空感建築研究所の松田です。

b0195324_20947.jpg

床下エアコンは、東北地方を中心とした寒冷地で、採用されてきた経緯があります。簡単に言うと、一般的な壁掛けエアコンをそのまま床下に設置し、暖をとることです。
この住宅では、床置き型のエアコンを半埋込み設置しています。
床置き型の特徴は、吹出し口が機器の底部と上部の二ヶ所あります。
また、基礎断熱にすると夏場の床下湿度の上昇が問題になりますが、床下エアコン設置により除湿も可能となり、冬場の暖房専用とならない利点もあります。

この建物施主の希望もあってオープンハウスを行うことができないため、内部の写真を掲載することができません。
本日、完了検査も終え、残工事のみとなりました。
現在、弊社に興味をお持ちの方のみご案内(引渡し前)いしております。
お問合せフォーム:http://www.seikookan.jp/home/contact.html
電話:0297-44-4472
[PR]
by tukubaarchi | 2014-04-01 20:10 | メンバーからのお知らせ
<< 「ほっこり。掘りごたつのある暮... 2014福岡堰のDOMACAF... >>